Bitcoinの投資を簡単に行う事ができるアプリと言えば、コインチェックですね。

 

私自身もコインチェックを利用し、80万近い稼ぎを手に入れることが出来ています

そんなコインチェックですが、皆さんログインする際に2段階認証をちゃんとしていますか?

2段階認証でログインしないと、パスワードが盗まれハッキングされる恐れも…!

 

という訳で、今回はコインチェックで2段階認証するやり方、またiphoneでの解除方法について詳しく説明します。

コインチェックで二段階認証するやり方

まず、コインチェックにブラウザからログインし、「ウォレット」を開きます。

次に、左側のメニューの一番下にある「設定」をクリック。

次に、「二段階認証」をクリックします

すると、このような画面に移るので、「setting」をクリック。

すると、二段階認証の数字のQRコードが出てきます。

このQRコードをスマホで読み取ると、二段階認証の数字が出てくるんですね!

 

という訳で、次にIphoneであればApp Storeから、

AndroidであればGoogle Playから「Google Authenticator」をダウンロードします。

ダウンロード完了したら、Google Authenticatorを開いて、「設定を開始」をタップ

そして「バーコードをスキャン」をタップ

そしたら、先程の二段階認証のQRコードをスキャンします。

すると、アプリに6桁の数字が出て来るので、2のところに数字を入力して「設定する」をクリック。

 

設定済みです」というページに移ったら設定完了!

もし、出来なかったら、アプリから一度数字を削除し、再びQRコードを読み取って、その数字を入力してみてください。

 

最後に、二段階認証でログインする為に、一度コインチェックからログアウトして、再びログインします。

ここ大事

すると、IDとパスワードを入力後にこのような画面に移ります。

ここで、またGoogle Authenticatorを開いて、出てきた数字を入力し「送信」を押します。

ログイン出来たら、二段階認証でログイン完了です!

お疲れ様でした!

 

2段階認証を解除する場合は、

ウォレットの設定から二段階認証を開いて、「Clear setting」をクリックすればOK!

 

コインチェックにログインする際に毎回二段階認証するのは面倒ですが、

資産がハッカーに操られないようにしっかり設定しておきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう