仮想通貨取引所を初めて利用する方に、絶対にしておいて欲しいことがあります。

それは「2段階認証」です。

 

2段階認証とは、ログイン時にIDとパスワードの確認以外に、都度別の端末からセキュリティコードを入力して、第三者による不正ログインを防ぐ施策のことです。

 

 

例えば、取引所のアカウントのIDとパスワードが第三者バレてしまったら…

預けていたお金を全て抜き取られてしまいます。もはや投資どころではありませんよね。

特に仮想通貨はこれだけブームになっていますから、投資家の資産をハッカーが狙っています。実際、取引所のアカウントの2段階認証の設定をしていなかったばかりに、億単位のお金を引き出されてしまった方もいます。

 

仮想通貨取引を行う方は、必ず2段階認証の設定をしておきましょう。

今回は、仮想通貨取引所のアカウントの、2段階認証の設定を行う方法を解説します。

 

2段階認証の設定方法

2段階認証を行う方法は幾つかあります。

 

  • 携帯電話番号で設定する
  • メールアドレスで設定する
  • 2段階認証アプリを利用する

 

一番メジャーなやり方は「アプリでの2段階認証」です。

 

という訳で、ここではアプリを用いた2段階認証の設定方法を解説します。

今回は私がオススメしているZaifという取引所で設定してみました。

他の取引所でもやり方は同じですのでご安心を。

 

 

①Google 2段階認証アプリをダウンロードする。

  • Iphoneであれば、Appstoreから「Google Authenticator」をダウンロード
  • Androidであれば、Google Playから「Google 認証システム」をダウンロード

 

 

Zaifにログインし、「登録情報と本人確認」から「セキュリティ」を開きます。

(他の取引所でも大抵はメニューの設定のどこかにあります)

 

 

③2段階認証設定」をクリック

 

 

④「2段階認証の設定を開始」をクリック

 

 

⑤先程DLしたアプリ「Google Authenticator」を開き、「設定を開始」をタップして、「バーコードをスキャン」をタップ

 

 

 

⑥Zaifの2段階認証の設定画面から「QUコード」をアプリで読み取り、表示された6桁の数字を入力して「確認」をクリック

 

 

「2段階認証の設定を有効化しました」と出れば、設定が完了しました!

おつかれさまです^^

 

必ずバックアップを取っておこう

万が一、2段階認証の設定をしたままスマートフォンを紛失したり、機種変更してしまったら…

 

アカウントにログインできなくなってしまいます。

取引所に問い合わせれば2段階認証の解除をしてもらえますが、対応が遅れて機会損失を出してしまうこともあります。

2段階認証の設定画面に出てくるQRコード、もしくは2段階認証キーは必ず控えを取っておきましょう。

 

スマートフォンをなくしても、新しく購入したスマホでQRコードを読み取れば、2段階認証の数字を読み込むことができます。

 

2段階認証は基本中の基本

2段階認証は、仮想通貨取引所を利用する上では基本中の基本です。

 

これやってないと預けてる資産がいつ抜き取られてもおかしくないので、取引所のアカウントを作ったら必ず設定しておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう