Weiss Ratings社が発表した仮想通貨格付けの結果が出ましたのでお伝えします。

公式サイトによると、ランクはAAA~CCで格付けされ、BBB以上は「投資適格」BB以下「投資不適格」とのことでした。

そして、日本時間の1月24日23時、ついに仮想通貨格付けの結果が出ました。

結果はこちらです。

スポンサーリンク

 

結果は以下の通り

  • BitCoin C+
  • Ethereum B
  • Novacoin D
  • Salus D
  • Steem B-

 

皆さん笑わないで聞いてください。

全通貨格付け結果の閲覧は有料らしいです笑 いや~ww

 

 

追記:Weiss Ratings社が出した仮想通貨格付け結果のPDFが出回っているようです。

本物かどうかは不明ですが…

https://drive.google.com/file/d/1wJMrUH5-QlrLo_jbwIVu-7HYys_F8bHn/view

 

自己責任でご覧ください。

 

 

それぞれの通貨の総評を翻訳するとこんな感じ

Bitcoin C +

  • 優れている点はセキュリティと普及率です。しかし、大きなネットワークボトルネックが発生し、遅延や高いトランザクションコストが発生する懸念点もあります。Bitcoinは初期の成功を達成するための激しい継続的な努力にもかかわらず、迅速にソフトウェアコードをアップグレードしています。

 

Ethereum B

  • 仮想通貨の中では2番目に広く利用されているイーサリアムは、いくつかのボトルネックがあるにも関わらず、アップグレードが容易な為、テクノロジーとスピードが向上します。

 

Novacoin (D)  SaluS (D)

  • この2つの通貨は、技術革新と採用の両面で弱いです。

 

Steem(B-)

  • ソーシャルネットワークの特徴に沿って考慮されており、ほとんどすべての重要な要因において、適度な強度の比較的良好なバランスが保たれています。

 

見てみるとAランクの仮想通貨はありませんでした。

 

笑ったのはNEOがAとかいうデマが流れてチャートが荒れたことですね。

Twitterにはこのような画像が流れてますが果たしてw

 

ちなみに、今回格付を発表したWeiss Ratings社はこれまで55000もの機関に格付けを行っており、評価対象からは金銭など報酬を一切受け取らないので、インサイダーなどの心配がないとのこと。格付けの正確さから、政府団体やメディアから注目を浴びてる※1…とのことw

※1:MONEY VOICE 参考

 

仮想通貨はまだまだ黎明期。

何が正しいかどうかは自分の頭で考えて判断していきましょう。

 

ビットコインの始め方
 

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう