え~世は空前の仮想通貨バブルを迎えています。

3月からこの5月に掛けて、殆どの仮想通貨が一気に高騰しましたね。

リップルに至っては日本円で0.7円から一時は12円と17倍もの価値上昇に。

もし100万円を0.7円の頃に投資していたら

×17で1700万円もの資産になっていたのです(恐ろしいですね)

おそらく、この仮想通貨バブルで世界では億万長者が続出した筈。

 

でもまだバブル初期、この仮想通貨バブルに乗り遅れない為に、皆さん仮想通貨についてもっと勉強しましょう!

さて、ビットコインに関してはもう価値が上がってしまった為に今から投資してボロ儲け出来るのか怪しいです。

 

そこで、ビットコイン以外の仮想通貨で今から価値上昇が期待される通貨を特別にご紹介しちゃいます!

スポンサーリンク

ライトコイン(litecoin)

チャーリー・リーという方が開発したライトコイン。

ライトコインを簡単に説明すると、ビットコインの上位互換と言えましょう。

開発者がいるという点以外、ビットコインとはあまり変わりません。

 

ビットコインとの細かい違いを述べると

 

・ビットコインが埋蔵量2100万枚であるのに対し、ライトコインは8400万枚(4倍)

・ビットコインの決済スピードが10分であるのに対し、ライトコインは2分(5倍)

 

であります。

 

では何故、ライトコインが期待出来るのでしょうか?

それはセグウィット(segwit)と呼ばれる、取引データ量の圧縮を行う行為を行うと言われているからです。

実際、4月の後半にライトコインのセグウィット支持率が75%を越えたため、

segwitを行うことが確実とされています。

 

segwitを実施すれば、その期待感から爆上げが濃厚…?

スポンサーリンク

リップル(Ripple)

あのGoogleが出資したことで話題になったリップル。

リップルは今年の3月に日本円で0.7円代から12円代に一気に上がった今最も期待の仮想通貨です。

 

今年の4月には三菱東京UFJ銀行がRippleを正式に採用したとの連絡もあり、

今後爆上げの予感大。

 

世界中の銀行がリップルに注目しています。

スポンサーリンク

仮想通貨バブルに乗れ!!

特に、日本は4月1日に仮想通貨関連法が実施され、さらに5月2日、仮想通貨の取引事業に大手日本の銀行(SBIホールディングスなど)が参入発表。

今後、ビットコイン・仮想通貨は何十倍に膨れ上がることが確実視されています。

 

でも、仮想通貨ってどうやってやるの…

取引がとても大変そう…

 

実は、仮想通貨は今やスマホアプリで簡単に取引することが出来ます。

私も使ってるのが、コインチェック(coincheck)です。

 

↓から登録出来ます。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

スマホから本人確認を行えば、直ぐに仮想通貨の取引を行うことが出来ます。

 

仮想通貨は先に知ったもの勝ち。あのホリエモンも、ビットコインに乗り遅れるな!とYouTubeで話しています。

 

この仮想通貨バブルに遅れないようにしましょう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう