どうも、仮想通貨チャートを見すぎて目が痛くなってる仮想通貨プロブロガーのタラレバです。

 

仮想通貨をやっていると「トークン」という言葉よく耳にすると思います。

トークンについて一体何なのか、調べても「代替通貨」だとか「仮想通貨と同じ」とか出てきて、なんのこっちゃよく分からない。

シンプルに解説しろよ!って思ったので、今回僕が分かる範囲で仮想通貨のトークンについて、仮想通貨の初心者にも分かりやすく解説していきます。

 

※なお、このページでは仮想通貨用語として使われるトークンのことを説明しています。

 

トークンって何?一言で知る

トークンを一言で言うと、

既存の仮想通貨のブロックチェーン技術を使い、発行している独自コイン」です。

 

例えば、「仮想通貨」と呼ばれるものにはそれぞれ独自のブロックチェーン技術がありますよね。

ビットコインやイーサリアム、リップルにはそれぞれ独自のブロックチェーン技術が施されています。

 

一方、「トークン」には独自のブロックチェーン技術がありません。

トークンのブロックチェーンは、既存の仮想通貨のブロックチェーンを利用してるだけです。

 

要はビットコインやイーサリアムなどのブロックチェーン技術をパクって通貨を発行してるってこと。

だから「仮想通貨」とは呼べないのです。

 

トークンの特徴とは?仮想通貨との違い

トークンの特徴、仮想通貨との違いは以下の通りです。

  • 運営元がいる
  • 誰でも発行できる
  • 発行者が保有者に特典や優待を与えたりできる

 

分かりやすい例であげるなら、「VALU」ですね。

VALUはトークンそのもので、発行者が保有者に優待を与えたりできますよね。

 

そして、VALU者が許可すれば誰でも発行可能です。

さらに、ビットコインとは違い、VALUには運営元がきちんとありますよね。(VALU社)

 

VALUで発行したトークンは、買う人が多ければ多いほどそのトークンの価値が上がっていきます。

現在時価総額1位の指針さんの価格は0.36BTC。日本円だと現在46万3千円ですね。

時価総額はなんと463億円!

 

つまり、個人がトークンを発行することで、自分の価値を高めることができるのです。

 

これらが、仮想通貨とトークンの大きな違いです。

「株みたいなもの」だと説明すれば分かりやすいでしょう。

 

Zaifトークンって何?

Zaifとは、国内の大手取引所のことですが、「Zaifトークン」って言葉よく聞きますよね?

 

Zaifトークンとは、Zaifを運営しているテックビューロ社が発行している独自コインのことです。

Zaifには現在、8つの独自トークンが発行されていますが、これらはZaif内でしか取引ができません。

 

Zaifトークンの種類

 

Zaifトークンのチャートを見てみると、2017年に二回高騰しています。

 

それは8月と12月です。

どちらも、仮想通貨の価格高騰が世間で報道された頃ですね。特に、8月は1ZAIF0.1円から2.5円まで上がりました。1週間で250倍もの高騰です。これにはリップラーもビックリですね。

 

 

まぁこんな感じで、Zaifトークンを持っていれば億万長者になれる可能性があるということです。

気になる方はZaifの公式サイトから会員登録してみましょう。登録は無料ですよ。

 

Zaif に登録する
 

 

トークンには2種類ある

実はトークンは「アセットタイプ」と「カレンシータイプ」の2つに分かれています。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

 

アセットタイプ

発行者がいて、発行者が発行枚数を決めたり、保有者に優待などを決めたりできるタイプのトークンです。

VALUやZaifトークンはアセットタイプのトークンですね。

 

仮想通貨と言うより、開発元の株式を売買しているようなものだと思ってもらってOKです

基本的に仮想通貨で「トークン」と言えば、こちらのアセットタイプのことを言います。

 

カレンシータイプ

ビットコインのように、通貨を採掘するタイプのトークンです。

特徴としては、

  • 発行枚数が決まっている
  • 発行者がいない

この2つがあると思います。

 

例えばビットコインの最大発行量は2100万BTCで、これは変更できません。

元々決まった仕組みの元、売買を行うタイプの通貨なので、人の意思でコインのルールを変更することができません。

カレンシータイプのトークンは、皆さんが普段口にしている「仮想通貨」のことだと思っていいです。

 

トークンを発行する人は増える

TwitterやInstagramなどのSNSで大量のフォロワーを抱えるインフルエンサーが増えてきていますよね。

SNS全盛期の今、知名度がある人は自分のトークンを発行すれば、自分の価値をどんどん上げることができます。

 

個人の価値は知名度ありきの時代、VALUのような個人トークン発行サービスはどんどん増えていくでしょう。

仮想通貨をやっているなら、トークンサービスの最新情報もチェックしておくと良いと思います。

 

ビットコインの始め方
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう